女性のための知識

口当たりだけではなく、実際の体に働きかける成分自体も軟らかく、優しい軟水をお勧めします。
硬水で継続的に体を洗ったり、髪を洗ったりすると、この蓄積で将来大変になります。

水知識は女性からの目線で、みていくとどうなるでしょうか。
特に女性が気になる事といえば、水が肌に直接触れるので、そして、髪の毛の洗髪などはどうでしょうか。
美容に良いのか悪いのか、検証してみる必要があるでしょう。

ここで水には軟水と硬水がありますので、この観点から説明しましょう。
水には硬水と軟水がありますが、これはカルシウムとマグネシウムの量によって分けられています。
大まかな特徴は、やはり軟水は軟らかい印象があり、味も主張しすぎない感じがあります。
硬水は硬い印象があり、カルシウムとマグネシウムなどのミネラルの量が多いこともあってなのか、
やや味が強いという側面があります。

いろいろな生活の場面で見ていきますと、まず第一には、硬水は手を洗ったり、
肌に直接触れるようなところでは刺激が強いような印象です。
特に肌の表皮、真皮が薄くて、ハンドクリームが手放せないような
手荒れしやすい女性というのはきついかもしれません。
毎日、硬水で食器洗浄などを行っていて、数年で手荒れがひどくなったというケースもあります。
硬水で顔を洗ったりし続けると肌が荒れるという症状が起こっていました。

さらには、髪にも同様なことがいえます。
肌と頭皮に刺激が強くて、何年も硬水で手を洗うなどをしているとあかぎれになる人もいました。
肌を潤すものも軟水をもとに作られているフェイスウォッシュ等であれば、
これは続けていきたいと思っているでしょう。
手足、肌のあかぎれ、胃腸薬、に始り、女性に優しくしてくれる水は、
軟水で、肌荒れ、頭皮のあれがひどいのが硬水です。
だから、硬水の使っているシャワーに2時間以上は続けて入らない方が良いというデータもあります。
肌がカサカサしてきた、髪の毛が少し抜けてきたような気がする、
頭が薄い気がするなど、思いついたら、ぜひ相談してみてください。