体のむくみと水

むくみをとるには余分な水分を取りすぎないことが大事です。
新陳代謝、血行が改善する事により老廃物を体外に適切に排出出来れば、
むくみも少なくなります。健康的な規則正しい生活をしてむくみのない体を実現しましょう。

体がむくんでしまうということは、多くの場合、女性が持つことが多いようです。
むくみの原因は、身体の大部分を占める水分がよけいに溜まっている状態です。
身体の中の水分をしっかりと排出していくことが出来ないと手足や顔などがむくんでしまう事が多いのです。

便秘、冷え症、肩こり、頭痛など、女性に特に多い調子の悪い悩みというのは、たくさんありますね。
その中でもむくみも便秘、冷え症、肩こりなどに通じるものがあります。
つまり、新陳代謝が悪い、血行が悪いことによって、老廃物が溜まります。
老廃物が溜まるから、冷え症や肩こり、頭痛、便秘などが起こるのです。

新陳代謝、血行を改善できれば、余計な老廃物、余計な水を排出することができて、
体のむくみもなくなるというものです。
むくみを改善することで、体調も良くなるのです。
むくみと水はイコールの関係です。
むくみを改善する方法をいくつか紹介します。

深夜に飲食をしたりするのをやめるといいでしょう。
深夜から朝にかけても身体がフル稼働していかないといけないので、
なおかつ代謝機能が低下してしまわないようにするのです。

水分を取りすぎるのをやめましょう。
むくみは水分が多すぎる事が原因なので、
最大の要因である水を取らないようにすることは当然といえることでもあります。

睡眠を最低7時間は、確保しましょう。
現代人は、多忙なのか平均睡眠時間が短いとされています。
睡眠を削って夜更かしをしたり、徹夜でお酒を飲んだり、
仕事をしすぎたりすることをやめて夜11時~12時頃には眠ることが大事です。

塩分や甘いものを食べすぎるのはやめましょう。
甘いものや塩分が多いものをとると、人は水分を欲してしまいます。
すると多くの水を無意識のうちに飲んだりして、体内に取り入れてしまいます。

食事をするときは、しっかりと噛んでゆっくり食べることにしましょう。
飲みこむように食事をする人は要注意です。
食べている間も含め、水分を欲してしまいがちな行為なのでしっかりと改めましょう。